【カラオケで盛り上がれる男に】音痴でも歌える男になる為に..※序章編※

この記事は2分で読めます

64292

この記事では、カラオケBOYが
カラオケで周りを盛り上がれる男、カラオケでモテる男、
音痴からでも歌えるような男になっていった軌跡のお話を
していきたいなと思います。

音痴で歌えない男のストーリー(幼少時代)

今でこそ、三度の飯より歌う事が好き、
かどうかは分かりませんが。笑

・YouTubeによる歌ってみた動画の投稿
・人生レベルでモテるようになるカラオケ教材(モテカラの執筆)
・プロのボーカルインストラクターの方のプロデュース

それなりに、歌を通して色々な活動が
出来るまでになりましたが

実は元々、私は歌う事が嫌いでした。

というのも、きっかけがあって
小学2年生の頃に、兄貴の友人達と一緒に
近所のカラオケボックスに行った時の話です。

この頃は、今のように

シダックスも無ければ、カラオケ館もカラオケの鉄人も
まねきねこもビッグエコーのような有名な店は無く、

ほか弁の裏手にある、個人が経営しているような
カラオケボックスしか無い時代でした。

3o9B2oh3UGNr4Wh

ですので、機種もJOY SOUNDやCyber DAMのような
ハイクオリティなシステムではなく
レーザーディスクのような非常に使いにくい
カラオケの機械のみでした。

mmX_fujqI_23

しかも、1時間1500円とか普通にする時代です。

結構な高額ですので、中学生、高校生が
今ほど気軽に行けるような場所ではありませんでした。

人生でカラオケが初めてだった私は、
恥ずかしくて、なかなか歌う事が出来ませんでした。

音楽の時間に皆と合唱をして歌うのですら抵抗があったのに
気軽に人前で歌う事が出来る訳は無かったんです。

兄貴達はEAST END×YURIのDA.YO.NE」(ダ・ヨ・ネ)とか、
相川七瀬のBREAK OUT、恋心など、その当時の流行の曲を
楽しそうに歌っています。

『いい加減お前も歌えよ。何しにきたんだよ。』

仕方が無く、知っている歌を選曲し(確かドラゴンボールか何かのアニソン)
勇気を出して歌ってみました。

すると、兄貴の友人達も含めクスクスと笑う声が聞こえたり、
兄にはダイレクトに”お前ヘタクソ過ぎ”

言われる始末…

この事がきっかけで、歌に対する苦手意識と
兄に対するトラウマのようなものが生まれ
カラオケは人生で一番嫌いな娯楽になったのです。

『二度と人前で歌なんか歌うもんか。』

こう決意しました。

ですが、思いもよらない3年後、
とある出会いがきっかけで、
クラスの生徒の前で、歌を歌う事になったのです…

⇒ つづく

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

管理人:カラオケBOY

photo
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近のコメント